クリームパンのクリームをあふれさせないポイント

せっかくパンが焼きあがったと思ったら、クリームが破裂している。そんな経験をしたことはないでしょうか。一生懸命に作っても焼き上げで失敗してしまったら、がっかりしますよね。

私もクリームパンは好きで何回も作ってきたのですが、クリームがあふれることがとても多かったです。

そこで、今回の記事では私が調べたことや経験をもとに、クリームをあふれさせないで作るコツを伝授しようと思います。

なぜクリームが破裂するのか

成形したときはきちんと生地の中に収まっていたクリームが焼き上げたとたんに外に出てきてしまうのはなぜなんでしょうか。

その一番の原因は、クリームを加熱することによってクリームの水分が蒸気に変わることです。生地の内側でたくさんの水蒸気が発生してしまうと、生地を内側から押し上げていきます。その圧力に生地が負けてしまったときに中のクリームが飛び出してしまうのです。つまり、水分量が多いクリームほど破裂しやすくなるのです。

クリームを破裂させないようにするコツは、この水蒸気を克服することです。

破裂しないためにできること

パンはその性質上、どうしても加熱をしなくては食べることができません。だから、クリームパンの場合はどうしてもクリームから水蒸気が出てきてしまいます。

方法の一つに水分を少なくしてクリームを作ることがあります。そうすれば確かにクリームがあふれにくくなりますが、ぼそぼそのクリームではせっかくのクリームパンがおいしくないですよね。

そこで、私がおすすめする方法は切り込みを入れた成形にすることです。それもなるべくクリームに貫通するくらいの深めの切り込みを入れるといいでしょう。

それだと、「切り口からクリームがはみ出してしまう」と考える人もいるでしょう。でも、実際にやってみると、この方法で一度もクリームがはみ出したことはありません。それどころか、どんなにクリームを入れたとしてもきちんと生地の中にクリームが収まったままなのです。では、なぜ切り込みを入れるとクリームがはみ出なくなるのでしょうか。

切り込みの効果

生地に深い切り込みが入ると、その隙間からクリームの水蒸気が抜け出てくれます。そして、クリームがはみ出る前に生地が膨らんでその切込みを埋めてくれました。ここでのポイントは切り込みをクリームに貫通するくらいまで深く入れるということです。この切り込みが浅いと、生地の薄いところならどこでも突き破って出てきてしまうからです。

このたった一つのポイントを守ってあげただけで、クリームパンの失敗は無くなりました。クリームパンでお困りの人はぜひ参考にしてみてください。

今回の記事を動画で確認できます。