パンを趣味として考えている方へ


自宅で焼きたてのパンの香りがして、焼きたてのパンとコーヒーでブランチをする。わたしはそんな生活に憧れて、自宅でのパン作りを始めました。

 


パン作りは始めやすくて経済的!


正直、大好きなコーヒータイムがもっと楽しくなれば、料理でもケーキでもなんでもよかったんです。
でも、ケーキも料理も一通りやってみて分かったことがありました。

ケーキはまず道具を揃えるのが大変でした。製菓道具ってそこそこ金額もするし、製菓でしか使わない器具が多いなって感じたんです。
生クリームを買っても余らせてしまったり、生の果物も長い期間の保存ができなくて
わたしの場合、無駄を多く出してしまっていました。

あと、料理は毎日するものだから、いやでも料理は作らなくちゃいけなくて、楽しみの趣味にはならなかったんですよね。

その点パンは粉がこねられる適当な広さと、ボールがあれば作れるし、材料も小麦と塩、イースト、水があればできるので、始めるハードルが低かったんですよね!
材料も保存が効くし、小麦粉も数百円で買えるし、唯一高いバターも一回で30gくらいしか使わないので、他の趣味と比べると経済的でした!


作るたびに気付くパンの楽しさ


始めたての頃は、レシピ本通りにパンを作って、なんとなくパンができるだけで楽しかったんです。ただの小麦粉が膨らんで、焼きあがってって言う過程を見ているのも好きでした!

SNSとかに小麦粉が徐々にパンに変化していく過程を投稿したりすると、自分はステキな趣味を持っているって気持ちになれるんですよね!

続けていくうちに、もっと綺麗に焼き上げたいとか、いろんな種類のパンを作りたいと思うようになって、道具が少しずつ揃っていくので、気づけば製パン道具だらけになってしまいましたが、それも嬉しいんですよね。

 


シンプルだからこそ奥が深い


パン作りにハマってくると製菓屋さんに行くのが楽しくなってきます。小麦粉1つとってもいろんなな種類があるし、どういう違いがあるのかとかもすっごく知りたくなって、調べるようになりました。
作るパンによって粉を変えてみたり、材料をアレンジしてみたり。そうやって実際に作ったパンが思った通りの仕上がりになったりすると、やっぱり嬉しいんですよね。

 


まとめ


趣味としてパンを始める理由はいくつもありますが、共通して言えることは、

・道具が少なくて始めやすいところ。
材料も経済的で、保存もきくところ。
素材の組み合わせで沢山の種類が作れる奥深さ。

あとは、プレゼントにもできるところでしょうかね。

パン作りを趣味に考えている方はこれを機に始めてみてくださいね