黒糖レーズン食パンの作り方(ポーリッシュ50%でしっとり柔らか)

このパンの特徴

黒糖の生地ととても相性のいいレーズンを組み合わせた食パンです。

レーズンを生地の50%も使っているので、どこを食べてもレーズンの旨味がしっかりと感じられるレーズン好きにはたまらない仕上がりです。

製法は、よりしっとりとした食感を出すためにポーリッシュ種を50%使用しています。時間が経っても固くなりにくく、生食パンとしても大変美味しく食べられます。

3つのポイント

1.ポーリッシュ種の作り方

2.生地のこね方

3.レーズンの混ぜ込み

材料

(ポーリッシュ種)

  • 強力粉200g(50)
  • 水 200g(50)
  • イースト 4g(1)

(本こね生地)

  • 強力粉 200g(50)
  • 塩 8g(2)
  • 黒糖 92g(23)
  • 牛乳 80g(20)
  • バター 20g(5)
  • レーズン 200g(50)

作り方

1.ポーリッシュ種作り

ポーリッシュ種の材料を全て混ぜ合わせる。

1時間常温で発酵させた後、冷蔵庫で8〜12時間ほど寝かせます。

2.本こね生地作り

寝かせたポーリッシュ生地は使う1時間前に室温に出して常温にして使います。

ポーリッシュ種の中にバター以外の本こね生地の材料を全て加えて混ぜ合わせます。

ひとかたまりになったら台に出してこねていきます。15分は伸ばしながら弾力が出るまでこねます。

バターを入れてからさらに10分ほどこねる

生地にまとまりが出てきたら、レーズンを混ぜ込みます。

3.一次発酵

40℃で50~60分

(季節やその時の室温などによっても時間は変わります。)

発酵の見極めは生地の大きさが発酵前と比べて1.5~2倍の大きさになるまで膨らませます。

4.分割

重さが同じになるように3等分します。

5.ベンチタイム

約25分

6.成形

丸く形を整えて食パン型に並べていきます。

7.二次発酵

40℃で50分

発酵の見極めは生地の大きさが食パン型の8割くらいの高さまできてきたらオッケー。表面の生地が緩んでいる状態がベストです。

8.焼成

190℃、25分

詳しい作り方は動画で確認